Solasia

株式会社ソラシア・エンタテインメントはSolasia (Sol=ラテン語の太陽、とAsiaを掛け合わせた)はアジアの太陽という願いが込められた社名です。
CS放送上で2006年10月よりアジアチャンネル『アジアドラマチックTV(アジドラ)』を展開し、アジアのコンテンツを中核に据えたメディア事業を展開するとともに、より作品にフォーカスしたコンテンツ事業、その周辺事業としてのイベント事業を行っている会社です。
今後はソニー・ミュージックグループの様々なコンテンツとの連携を図りながら日本のみならずアジア地域を意識したコンテンツ&メディアの事業の展開を進めて参ります。

Business Overview | 事業紹介

Media | メディア紹介

オフィシャルサイト

韓国、台湾、中国などアジア諸国のテレビドラマや映画、エンタテインメント番組等を放送している
アジア総合エンタテインメントチャンネル「アジアドラマチックTV(アジドラ)」の提供・運営。
1998年6月に「VaioNet」として放送を開始し、2006年10月に現在のチャンネル名に変更。

Contents | コンテンツ事業

韓国等を中心としたコンテンツのDVD販売、VODサービスの提供、
イベントの開催、音楽活動などの企画運営・サポート。

提携会社・パートナーとの連携によるコンテンツ制作・投資。

Kriesha Chu(MV制作協力)


ゲームやアニメ音楽でのオーケストラ公演の開催

『刀剣乱舞』宴奏会


オーケストラ「スタミュ」

Message | 代表メッセージ

アジアの太陽として光を放つ存在を目指してソラシア・エンタテインメントは、映像作品を核としてメディア事業、コンテンツ事業、イベント事業を行っている会社です。
21世紀に入りネットワークインフラの普及はますます進み、グローバル化の流れは加速し国と国の距離は益々近ついてきています。
エンタテインメントもより多くの選択肢をより多くの地域から得て楽しむ文化が定着化してきました。
我々は、アジアという地域を一つのエンタテインメント文化圏と捉えその中で新たな楽しみを創造していく役割を目指しています。
国と国の枠を超えた楽しみを創造していき新たな発見を日本、そして様々な地域へ発信していきます。
”アジアのかけ橋として太陽のような存在になりたい”
ソラシア・エンタテインメントの今後にご期待ください。

代表取締役 中野 秀紀

Outline | 会社概要

会社名
:株式会社ソラシア・エンタテインメント(Solasia Entertainment Inc.)
代表者
:中野 秀紀
資本金
:100,000,000円
設立年月日
:2013年2月
ソニーネットワークコミュニケーションズ(株)の100%出資により設立
:2018年4月1日
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントへの移管、株式会社ソラシア・エンタテインメントに商号変更

Contact | お問い合わせ

弊社に関するお問い合わせは下記よりご連絡ください。
プライバシーポリシーについて

©STUDIO DRAGON CORPORATION © Jcontentree corp & JTBC Content Hub Co., Ltd. all rights reserved.
©2017. Godin Media Corp. All rights reserved. ©SBS ©『刀剣乱舞』宴奏会 製作委員会
©2015-2018 DMM GAMES/Nitroplus ©ひなた凛/スタミュ製作委員会